クレジットカードでマイルを貯めたい人が知っておくべき事

マイレージを最も効率よく貯められる最強のカードをお探しの方から、初めてクレジットカードでマイルを貯めていく人までの総合サポートサイト。

還元率を理解し賢く運用しよう!

上手な運用方法イメージ.jpg




使い方で変わる!?還元率の上手な運用方法


一般にクレジットカードを決める1つの大きな基準に還元率というものがあります。
ですが、実は換元率にもいくつか考え方があります!



というのは以下
① クレジット利用額に対してのマイル還元率
② マイルからクレジットカードポイントへの移行の際のレート
③ 実際に貯めたマイルを使用する際の商品やサービスとの還元率
の3点です!




こちらもしっかりと理解しておき、より賢いカード選びをしていきましょう。
今回は③のマイルを使用する際の還元率に焦点を当てて、お話させて頂きます。
誰でも自分が一生懸命貯めたマイルは効率よく使いたい!
そこで実際の買い物をした際の比較を出してみました!





具体的にはどのくらい違うの?還元率の違い


ANAとJALはそれぞれ還元率は多少違いますがわかりやすく還元率について学ぶために
ここではJALのレートで考えていきたいと思います。
因みにANAとJALとでは基本的なレートはほぼ同じです。






まず、【国内線特典航空券の場合】

国内線は3つの区間にわけて考えます。
国内線の航空券をマイルで取得する場合は
区間ごとに使用するマイルが決まっています。


区間はA,B,Cの3つで料金は以下の通り
A: 12,000マイル。
B: 15,000マイル。
C: 20,000マイルです。
例えば東京‐大阪間はA区間になるので、必要なマイル数は12,000マイルです。
東京‐大阪間の航空券を通常料金で購入した場合の相場は約3万円ですので、
1マイル=約2.5円となります。







【国際線特典航空券の場合】

次に海外行きの航空券を取得する場合。
海外航空券には燃油サーチャージが含まれません。
ここではビジネスクラスでハワイに行くと仮定して話を進めていきます。


ハワイ行航空券をマイルで購入する場合に必要なマイル数は60,000マイル。
通常料金では20万円程度(サーチャージ別)ですので、
1マイル=約3.3円となります。







【クーポンに変換する場合】

マイレージをクーポンに還元する場合ですが、
この時の還元率は
1マイル=1.5円です。


ok.jpg





【まとめ】

上記した例では国内線、国際線航空券の取得の比較、
またクーポンの取得のレートを見ていきました。




この事から
・マイルを使用する際には航空券にした方が圧倒的に還元率が高い。
・最高還元率を達成したければ海外航空券にするべし!
ということがわかると思います。

カテゴリー:クレジットカード マイル

  


クレジットカードでマイルを貯めたい人が知っておくべき事

マイレージを最も効率よく貯められる最強のカードをお探しの方から、初めてクレジットカードでマイルを貯めていく人までの総合サポートサイト。
最近の記事
結論!おすすめのクレジットカードとは!
【解説】マイルとポイントの仕組み
還元率を理解し賢く運用しよう!
【知らないと危険!?】年会費無料のカードの落とし穴
マイルの貯めやすさから見るクレジットカードの徹底比較
ページ
マイルを効果的に貯める方法!
カテゴリー
クレジットカード マイル
アーカイブ
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2015年 01月
Copyright © 2009 クレジットカードでマイルを貯めたい人が知っておくべき事. All rights reserved